1. ホーム
  2. AGA治療薬
  3. ≫AGA治療薬「フィナステリド」とはどういうものか

AGA治療薬「フィナステリド」とはどういうものか

フィナステリドとはどういう薬なのか

医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使われている薬のひとつに、フィナステリド(商品名・プロペシア)があります。この薬は、AGAの治療薬として開発されたものではありません。

男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることにより、前立腺肥大症の症状を抑制するための薬剤だったのです。

男性ホルモンからDHTが生成されるためには5α-リダクターゼという酵素が必要なのですが、この酵素の働きを抑えてくれるのがフィナステリドなのです。

フィナステリドにはどういう効果があるのか

では、フィナステリドはAGAにどのような効果があるのでしょうか。実は、AGAの原因となっているのもDHTなのです。実はDHTには頭皮の脱毛を促進させてしまう働きもあり、AGAの原因だとされています。逆に言えば、DHTの生成を抑えられれば脱毛が抑えられ、AGAの進行を抑制できるのです。

フィナステリドは「育毛剤」ではない?

ここまで読んできて気づいた人もいるかもしれませんが、実はフィナステリドにはAGAの進行を抑える効果はあっても、育毛効果はありません。育毛剤であるミノキシジルと併用されるのは、このためです。

ただ、フィナステリドによってAGAの進行を抑えていないと、いくらミノキシジルによって発毛を促しても、毛髪が生える端から抜けてしまい、治療の意味がなくなってしまいます。フィナステリドによって脱毛を抑えているからこそ、ミノキシジルが十分に力を発揮できるというわけです。