ジェネリック医薬品

agaの治療方法において最も手頃な方法といえるのは、ミノキシジルという成分が入った薬と、フィナステリドと呼ばれる成分が含まれている薬を購入することによる薬物治療です。

これらはどちらも日本で製造と販売を行っている製薬メーカーが存在しており、ミノキシジル含有薬はドラッグストアで、フィナステリド含有薬は医師の処方箋を持って薬局に行くことで手に入れることができます。

しかし、これら2種類の薬を手に入れる場合に共通する問題として、購入費用がかかる点が挙げられます。

例えば、1ヶ月分に相当する量を入手する場合、ミノキシジル含有薬だと5,000~8,000円程度、フィナステリド含有薬だと6,000~8,500円程度の出費となり、薬代だけでほぼ確実に1万円を超えてしまいます。

お金に余裕のない人にとって、日本製のaga治療薬は効果があることを理解していても手出ししにくい製品といえます。

しかしこのような場合、製品の製造国に特に拘りが無いのであれば、外国製医薬品の個人輸入代行業者を通じて外国でジェネリック品として販売されているaga治療薬を購入することで、出費を相当抑えることができます。

ジェネリック品のaga治療薬だと、ミノキシジル含有薬は1,700円前後で、フィナステリド含有薬は2,000円前後で1ヶ月分の量を手にすることができます。両方購入しても薬代は4,000円以下で済ませることができ、日本製のものを購入する場合よりはるかに少ない費用でagaの薬物治療を施すことができます。