男性の薄毛の原因としてその可能性が取りざたされるケースが多い男性型脱毛症、略してAGAですが、これらは発症の裏側に特定のメカニズムを抱えています。

まずは精巣にて作り出されたテストステロンという男性ホルモンと頭皮付近にある5αリダクターゼという特殊な酵素が反応し合いDHTという物質を作り出します。

これが毛髪の根本にあたる毛乳頭にて感知されるとすぐに成長サイクルへと影響をきたし、それが健康的な成長期であったとしても既に成長を終えたものとして抜け落ちる準備を始めてしまうのです。

そうやって毛髪はいつしか毛細血管から栄養分を摂取することもやめ、そのまま抜け落ちることになります。

こういった症状を改善する手法として病院などで処方されるAGA特効薬のプロペシアという飲み薬が効果的です。

プロペシアにはフィナステリドという特殊な成分が配合されており、このフィナステリドは5αリダクターゼの2型と呼ばれる部分の働きを抑制する効果を持っています。

これによってテストステロンと5αリダクターゼが反応してDHTを作り出す分量が減り、これまでは頭髪の成長サイクルを乱す傾向に合った状態を改善することができるのです。

このようにしてAGAの根本となる部分を改善することで、速い人であれば数週間で効果がではじめ、遅い人ならば半年から一年ほど服用し続けることで少しずつ頭髪がしっかりと弾力性のある質感へと変化していっていることに気付くはずです。

重要なのは自分の判断で良くなったと判断して勝手にプロペシアの服用をやめないことです。

そうするとせっかく効果が出かかっていてもまたすぐに症状が元に引き戻されることもしばしばです。まずは医師の指示を仰いだ上で判断するのが正しい治療方法と言えるでしょう。