AGAが起こる原因のひとつに遺伝があると言われていますが、全てが遺伝だけで起こるのではなく、様々な要因が絡みあって薄毛や脱毛が起こります。

遺伝が関係するAGAの特徴は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという補酵素と反応を起こし、男性ホルモンのジヒドロテストステロンを作り出します。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭のレセプターと結合して、毛母細胞の成長を妨げると考えられています。

そのためまだ不明な点は多く研究中ですが、遺伝でAGAを起こす人は、5αリダクターゼの活性が高い遺伝的要素と、レセプターに感受性が高い遺伝的要素が関係しているのではないかと言われています。

ジヒドロテストステロンと結合するレセプターは、頭全体の毛乳頭にあるわけではなく部位によって違い、後頭部や側頭部にはないか、あっても少ないとされています。

そのため薄毛や脱毛が起こりやすい部位があり、一番の特徴である生え際がだんだん後退していくM型や、頭頂部を中心とするO型、生え際の中心頭頂部に向かうU型などがあります。

その禿げにくい部分がある特徴を利用したAGAの治療法に自己植毛があり、男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の自分の毛乳頭を植え込みます。

AGAと遺伝の関係は無視できませんが、薄毛や脱毛を起こす原因には生活習慣も大きく影響を与えていて、血行不良により栄養分が毛母細胞に届かなかったり、食生活の乱れから毛髪の材料であるタンパク質や成長に欠かせないミネラルなどの不足も関係しています。

またストレスも男性ホルモンの分泌量を増やしてしまいます。

その他、過剰なお手入れや汚れが付いている事で炎症が起こり、毛髪の成長を妨げてしまいます。

AGAの治療では生活習慣の見直しが大切になります。

AGAの治療には5αリダクターゼの働きを抑制するフィナステリドを主成分とする内服薬や、血行を促進する外用薬のミノキシジル、栄養を補充するビタミンやミネラルなどのサプリメントなどが使用されます。