日本人の髪の毛の本数は平均9万本と言われています。

ただこれには相当の個人差があって…

極端ですが多い人で15万本
少ない人で5万本という事例もあるようです。

この本数は母親の胎内にいる時点で決定し
その後、変化する事は無い様です。

この事から薄毛になりやすい体質
というのは確かにありそうです。

元々髪のボリュームが出せないのは仕方ありませんが
だからと言って諦めるのは早計です。

髪の量が生まれつき少なくても
十分な太さとコシがあればそれを薄毛と気にする事はありません。

問題は毛髪が十分に成長しないままで抜けてしまう事なのですから
その対策を立てる事を考えるべきでしょう。

AGAは中高年に多く見られますが
若いうちからその症状が現れる人もいます。

しかし共通して言える事は…
毛根が活性化できる状態であれば対処法はある、という点です。

近年はその分野の予防・治療技術も進んでいます。

また抜け毛、薄毛が加齢によって
再生する力を失っていない状態をAGAとして扱う事は
欧米をはじめ広く認知される様になっています。

ですので、年齢に関わらず髪の毛の状態が気になったら
まずはそれが一時的なものではないか
原因となる事はないかをセルフチェックして下さい。

その上で思い当たる事が無いのであれば
積極的に専門家に相談する事をお勧めします。

諦めたり、一人で悩んでいたりするよりは

カウンセリングを受けて
髪の毛を含め全体的なケアをどうするのかを知る事が一番でしょう。