遺伝子

AGA治療を効果的に進めるために受けておきたいのが遺伝子検査です。遺伝子検査によって、将来的な脱毛の進行ペースや治療薬の効果、副作用のリスクなど、治療を成功させるために必要な情報を知ることが出来ます。

そんな遺伝子検査は、専門病院で受けられますが、現在は自宅で同様の検査を受けることが出来る遺伝子検査キットも販売されていますので、より身近な検査となっています。しかし、遺伝子検査がどんな風に行われるのかというのはあまりよく知られておらず、受ける前に不安になる方もいるはずです。

まず知っておきたいのが専門病院で受ける場合と検査キットを使う場合では、その方法に若干の違いがあるということです。

専門病院の場合

血液を分析して行うアンドロゲンレセプター遺伝子検査というものが主流でしたが、この検査はAGAになりやすいかどうかという体質を調べることが出来るだけで、実際にはまだ症状が現れていない方でも反応してしまうという問題がありました。

そのため、現在は、毛髪の根元にある毛包から遺伝子を直接採取し、特殊な酵素で分析してAGAの発症リスクを調べる遺伝子検査が併用して行われています。

この二つの検査によって、専門病院での検査の精度は非常に高いものとなっています。

遺伝子検査キットの場合

一方、遺伝子検査キットの場合は、誰でもが簡単に行えるようになっており、口内の粘膜から遺伝子を採取する方法が主流となっています。

検査の精度は専門病院ほどではありませんが、遺伝的に薄毛になりやすいかということやどのような育毛剤が有効かということも分かるようになっていますので、将来的にAGAになるリスクを知って早めに対策をとりたいという方に向いています。