AGAの治療薬による副作用については、確かなことが分かっていないため、より警戒が必要です。

AGAを発症してしまうメカニズムについてや、治療についてのことなどに関しては分かっていますので、しっかりとした科学的な根拠に基づいて治療は行われています。

しかし、治療薬の副作用については、あまり研究が進んでおらず、科学的な根拠に乏しいということが言えます。あまりはっきりしていることが分かってないため、より警戒することが必要です。

AGAの治療薬による副作用については、頭皮のかゆみやかぶれなどといったものや、接触皮膚炎やじんましん、脂漏性皮膚炎などが起きる場合があります。

そもそも、AGA治療薬であるミノキシジルやプロペシアには副作用の心配から使用できない方もいらっしゃいます。

ミノキシジルの場合には、心臓病を患っている方、高血圧を患っている方、高血圧の治療薬を服用している方、未成年の方などは使用できません。

副作用として、眠気や倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの症状も報告されていますので、治療薬による副作用だと気付かずに症状に悩まれている可能性も考えられます。

また、もともとミノキシジルは血圧降下剤として開発されたものですから、血圧が低い方の場合は、さらなる血圧低下を招き、それにより重大な症状を引き起こす可能性があります。

プロペシアの場合には、女性や未成年の方、前立腺の病気を患っている方などは使用できません。

使用制限があるということは危険な副作用があるという証明でもあります。
なかには自分では自覚しにくいものもありますので、AGAの治療薬を利用されるときには、体調の変化に敏感になるということが大切です。

そして、そういった症例・データを豊富に持った専門の治療院でAGA治療を受けることが大切です。