1. ホーム
  2. AGA治療
  3. ≫AGAの治療方法にはどんな方法がある?AGAの特徴を知る所から始めよう

AGAの治療方法にはどんな方法がある?AGAの特徴を知る所から始めよう

AGAの治療方法には様々な方法があり、症状の段階によっても違います。

まずはAGAの特徴を知る所から入ると良いでしょう。

AGAの症状 = 男性ホルモンが原因で起こる脱毛症状であり、男性ホルモンが毛髪が育つ事を邪魔して脱毛症状等を引き起こすものです。

AGAの治療ではこの男性ホルモンの抑制を行う事が重要であり、初期段階のものは男性ホルモン抑制成分の入ったシャンプーで対応出来る事もありますが、内服型の治療薬を使って体の内側から働きかける治療方法や、成長因子を頭皮に直接注入する最新の再生治療方法等があり、まずはクリニック等でカウンセリングを受けて治療をどういう形で行うのかを決めると良いでしょう。

AGAは進行性のものですから放置して改善するタイプのものでは無く、初期段階で治療に入れると改善する可能性が高くなるとされています。

AGAかどうかを発症している本人が気付くのは難しいもので、かなり毛髪が抜けて進行しないと気が付かない事もあります。

外見から見える特徴としてはM字型ハゲによって生え際がM字に後退していったり、頭頂部分が抜け落ちて河童の皿のような形になる事が代表的なもので、毛髪の横部分は抜けずに残る特徴を見せますから、少しでも違和感を感じた場合は内服薬を活用したり最新治療を受けるようにしましょう。

内服薬を使う場合は長期服用が前提になり、多くの方が効果を実感出来るのは半年から1年程度の継続的な服用を続けた時であり、効果は個人差がありますが、飲み始めてすぐに毛髪が生えてこないからと言って辞めずに継続的な治療を行うようにする事が必要になります。

成長因子治療の場合は、薄毛原因になる毛髪の成長力不足を改善させるものであり、発毛を促す為に必要な成長因子を頭皮に注入して毛髪成長を実現する新しい発毛方法となり、頭皮から毛根の奥深くまで直接注入する事になり、非常に効果が高い方法です。

医師の指導に従って、コスト等も考慮した上で治療方法を選択すると良いです。