男性型脱毛症ことAGAに悩まされている男性は多いですが、まだ20代や30代で髪の毛がなくなるのは辛いので、病院で保険を使って治したいと考えている方もいるようです。

しかし、残念ながらAGAは厚生労働省が定めた医療保険が適応される病気の扱いにはならないため、健康保険証が使えず、自由診療となります。

一般的には美容を目的とする治療と判断され、美容整形などと同様の扱いになり、保険が適用されないので、全額実費で支払わなければなりません。

ただしAGA治療が治療行為と判断されると、高額医療費控除を受けられる可能性もあります。

自由診療では医療費控除は受けられないという人もありますが、実はそうではなく、自由診療のレーシックと同じように、手術と判断されると、控除が受けられるようになります。

…とはいえ、この決定を下すのは税務署であり、税務署職員の判断に委ねられるので、自由診療だから控除は受けられないだろうとは思わず、最寄の税務署に相談すると良いでしょう。

申告して、認められたらお得になりますし、何も行動を起こさなければ、控除を受けられないので損になってしまいます。

捻出できる費用が少ないので、出来るだけ安くAGA治療を行いたいという場合は、個人輸入代行業者を利用し、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬を通販することも一つの手です。

その方が病院へ行くよりも安く済む場合がありますし、ジェネリック医薬品を使えば、さらに費用を抑えられる可能性がありますので検討する価値はあるかと思います。

そういった事にについても、当サイトお薦めの頭髪専門クリニックの無料カウンセリングで聞いてみると良いかもしれません。

一つ確実に言えることは何も行動を起こさなければ、現状より良くなる可能性は極めて低いということです。
まずは、AGA治療専門の医師の声を聞くための行動を起こしましょう。