1. ホーム
  2. 自毛植毛
  3. ≫自毛植毛ってどんな薄毛の症状も改善できるの?実際のところどうなのかを調査してみました。

自毛植毛ってどんな薄毛の症状も改善できるの?実際のところどうなのかを調査してみました。

自分自身の毛を採取し移植する自毛植毛は、人工毛植毛とは異なり、定着すればずっと効果が続くと期待出来ます。正しく手術が行われていれば、そのまま普通の髪の毛として伸びていきますから、特別なメンテナンスなども必要ありません。また、仕上がりの自然さという点から見ても、非常に優れた方法といえるでしょう。

薄毛と一言にいっても、その症状は様々であり、たとえば円形脱毛症や、AGAといったものに分けられます。自毛植毛は、どのような症状の薄毛に、適している方法なのでしょうか?

円形脱毛症に自毛植毛は有効?

まず、円形脱毛症についてですが、これは様々な原因が存在している症状であり、とくに指摘されているのが免疫関係の異常です。ストレスなどを引き金に、自己免疫が髪の毛を異物と判断するようになり、結果として髪の毛が抜けてしまうのです。いまだ解明されていない部分も多い円形脱毛症ですが、現状ではこの指摘がもっとも有力視されています。

免疫系統に異常が生じている場合、髪の毛が抜けた場所に植毛を行っても、再び抜け落ちてしまう可能性が高いと考えられます。現在のところ、大手の植毛業者でも、円形脱毛症については積極的に施術を行っていないようです。ただし、円形脱毛症を発症してから数年経過している場合には、施術が行われるケースもあるとされています。

また、抜け落ちた部分の頭皮ではなく、その上部に植毛をすることで、脱毛箇所を隠すという手法が用いられることもあります。あくまでも隠すことを目的とした治療であり、基本的には植毛に向いていない症状といえるでしょう。

現在、円形脱毛症を根治する方法はまだ確立されていませんが、内服薬や外用薬、注射によって改善が見られるケースもあります。また、その他にも免疫療法や、紫外線治療、冷却治療などがあり、症状などに合わせて適用されています。こうした様々な治療方法を病院で受けることが出来ますので、まずは皮膚科へ行き、医師に相談をするのがよいでしょう。

AGA治療に自毛植毛は有効?

AGA治療においては、自毛植毛は一般的に行われる治療として、選ばれることが多いようです。AGAの原因も様々なものが指摘されていますが、基本的には男性ホルモンの影響が大きいとされています。免疫による攻撃等はありませんので、抜けた部分に自毛を植毛すれば、そのまま安定して定着する可能性が高いでしょう。

ただ、AGAと診断されたからといって、すぐに植毛を行う、というのはあまり一般的ではありません。通常、まずはAGA治療薬などによるケアや、食生活の改善などの、指導を受けることになるでしょう。自毛植毛が最初に勧められない理由は、まず費用が高いことにあります。AGA治療薬と比較すると、かなりの差がありますから、気軽に始められるというものではないでしょう。また、植毛とはいえ手術を受けることになり、体にもいくらか負担がかかることが考えられます。

植毛と聞くと、非常に即効性があるとイメージされる方も多いですが、自毛の場合生えそろった状態になるまでに一定の期間が必要です。人によっても異なりますが、完全に生えそろうまで半年から1年ほどは見たほうがよいでしょう。

なぜこれほど長い期間が必要なのかというと、最初に植毛された毛は、一旦抜け落ちることが多いからです。抜け落ちるといっても、きちんと毛根は残っていますので、新しい毛が再生するとされています。ただ、このサイクルを早めることは出来ませんから、自然にまかせて、毛の再生を待つことになるのです。

毛には成長期から退行期、そして休止期を繰り返すというサイクルが存在しています。植毛をされた毛は、一旦退行期にはいり、その後しばらく休止期を過ごしてから、再び成長期を迎えるのです。つまり、植毛を行ってもAGA治療薬のケアよりもすぐに効果が出るというわけではありません。

これらのことを考え合わせると、やはり最初にすべき治療として、AGA治療薬によるケアが最適といえるでしょう。AGA治療薬の効果が得にくい場合、次のステップとして、自毛植毛を選択するのが良いといえそうです。

また、日本皮膚科学会が発表している男性型脱毛症診療ガイドラインにおいても、もっとも強く推奨されているのは、ミノキシジルによる育毛ケアです。ミノキシジルは医学的にその効果が認められているものであり、副作用についても重篤なものは起きていないとされています。ミノキシジルを適切に使用し、育毛・発毛の効果が認められない場合に、次に勧められているのが自毛植毛なのです。

このガイドラインは医学的観点から育毛についてまとめたものであり、信頼性が高い内容といえます。AGAと診断された方、あるいはAGAかもしれないという不安を感じている方は、一度参照しておくとよいでしょう。

それぞれの症状やこれまでの治療歴などによって、有効な治療方法は変わってきます。かかりつけのクリニックを持ち、医師と相談しながら、治療法を選択していくのが、一番良い方法といえるでしょう。