最近、AGA(男性型脱毛症)に効果があるとして話題になっている新たな育毛剤に、キャピキシルというものがあります。カナダの化粧品会社が開発したものですが、この育毛剤の主成分はアセチルテラペプチド3とアカツメグサの花のエキスです。

キャピキシルの成分・アセチルテトラペプチド3とは

まずアセチルテラペプチド3ですが、効果は細胞を修復してくれるというものです。これによって衰えた毛母細胞を復活させ、毛髪が生えてくるようにするというわけです。医療機関で使用されている育毛剤・ミノキシジルは血流の良化によって頭皮に栄養を与えるだけで、毛母細胞を修復してくれるわけではありません。つまり、ミノキシジルでは効果がなかった人でも、キャピキシルなら毛髪復活に期待が持てるというわけです。

キャピキシルの成分・アカツメグサの花のエキスとは

キャピキシルのもう一つの主成分は、アカツメグサの花のエキスです。AGAの原因は男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)ですが、アカツメグサの花のエキスはこのDHTの生成を抑えてくれる働きがあるのです。これは医療機関で使用されているフィナステリドと同じ効果です。

つまり、キャピキシルは一つの育毛剤でミノキシジルとフィナステリドの役割をこなしているのです。

キャピシルに副作用はあるの?

これだけ優れた育毛剤だと、副作用があるかどうかは気になるところですが、現時点では目立った副作用が確認されていないのも、キャピキシルのメリットだといっていいでしょう。

ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹、フィナステリドにはED(勃起障害)や抑鬱症状といった副作用があることを考えると、安心して使用できるキャピキシルがどれほど心強いものかが分かってもらえるのではないでしょうか。