効果に期待ができる薄毛治療の方法に、プロペシア及びミノキシジルを利用する方法と自毛植毛を行う方法があります。どちらも治療効果が高く、男性型脱毛症診療ガイドラインでも薄毛の改善方法として推奨されています。ただ、回復までの道のりや特徴が異なっていますので、希望に適した方をチョイスすることが大切です。

はじめにAGA治療薬を用いた対策が適している方の特徴として、手術をすることなく回復を目指したい場合です。

植毛治療の場合はまず植える為のドナーを採取する必要がありますので、メスで切ったり特殊な器具を用いて毛根をくり抜かなければいけません。手術を行う以上、表面的にも傷を負ってしまうことにもなりますし、それなりの覚悟をして臨む必要があります。薄毛について深刻に悩み、心の奥底から改善をしたい気持ちがある場合ですと手術へのハードルも越えられるかもしれませんが、しかしながらそこまでの気持ちがない場合ですと手術に対して尻込みしてしまう部分もあるはずです。

その点、AGA治療薬を利用する場合は一切の手術は不要です。処方されたプロペシアを飲んだりミノキシジルを頭皮に塗布するといった作業のみとなっていますので、手術をすることと比較したらハードルも低く、薄毛を改善したいものの手術までは受けたくないという方に適していると言えるでしょう。

全体的にしっかりと回復をさせたいという方にもAGA治療薬は適しています。

自毛植毛は自分の毛根を使用して薄毛部分に植毛をするというものですが、薄毛の範囲が狭い場合ならまだしも、広範囲に及んでいる場合ですと植毛ができる量にも限度があります。つまり部分的には薄毛を改善できるものの、程度によっては薄毛の部分が残ってしまうのです。全体の髪の毛の量は変化しませんので、完全な回復とはいかないこともあります。

治療薬を利用する場合ですと全体的な回復を実現できる場合がありますから、薄毛に見える部分をなくしたいと思っている時には治療薬で回復を目指した方が良いと言えるでしょう。

一方の植毛治療が適している方の特徴としては、まず短期間での回復を目指す場合です。

AGA治療薬を用いた場合、どの程度の期間で回復させられるのかというのは人によって違っています。早い人の場合ですと半年程度の期間で効果が見え始めるのですが、場合によっては1年経過しても改善されないこともあります。その後に回復ができる可能性があるものの非常に長い時間が掛かってしまうことがあるのです。ですからその間はずっと薄毛を我慢しなければいけません。

自毛植毛ですと治療をしてからの効果が短期間で出るという魅力があります。定着率がとても高い治療であり、手術後はほぼ確実に発毛をさせることができます。健康的な髪の毛と同様の成長スピードで発毛をしていきますので、髪の毛が伸びてくると同時に薄毛も隠すことができ、治療薬を利用するよりも短期間で薄毛を改善できるはずです。

自毛植毛は治療薬では効果がなかった方にも適しています。

治療薬を活用した場合、発毛ができるケースもあれば殆ど効果がない場合もあります。必ずしも治療薬が効くとは限りませんのでもしかしたら治療を受けても薄毛のままのこともあるのです。その点、自毛植毛ならドナーを定着させることができれば高い確率で発毛しますので、治療薬での対策よりも確実性があります。

その他にも治療薬を利用し続けたくない方にも自毛植毛は良いと言えます。

プロペシアやミノキシジルで回復したとしても、それは薬の効果によるものですから使用を止めてしまうと元に戻ってしまうのです。つまりずっと使い続けるゆえに金銭的な負担や手間が掛かってしまいますが、植毛なら一回治療をすればずっと効果が維持されますので、維持について比較してみると植毛の方に優位性があると言えるでしょう。