1. ホーム
  2. AGAの豆知識
  3. ≫大豆イソフラボンがAGAに効果的って本当なの?

大豆イソフラボンがAGAに効果的って本当なの?

大豆イソフラボン

AGA(男性型脱毛症)にどのような栄養素が効果的かについて興味を持っている人は多いでしょうが、そんな人に耳寄りな情報があります。なんと、大豆製品に含まれているイソフラボンがAGAに効果的だというのです。

なぜ大豆イソフラボンがAGAに効果的なのか

そもそもAGAは、男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で起きるものです。症状を抑えるためには、DHTの働きを抑制する必要があるのですが、その働きを持っているのが大豆イソフラボンなのです。

実はAGAは男性だけではなく女性にも起きるのですが、女性の場合は若年層での発症はほとんどありません。これは毛髪を育てる効果のある女性ホルモンが豊富に分泌されており、DHTの働きを抑えているためです。大豆イソフラボンにはこの女性ホルモンの働きを助ける効果があります。男性の体内にも少量ながら女性ホルモンはありますので、この働きを助けてDHTの働きを抑制するのです。

血流を良化してくれる効果もある

また、大豆イソフラボンには血液をサラサラにしてくれる効果もあります。血液がサラサラになれば、頭皮をはじめとする末梢血管の血流は良化します。これは、毛髪の成長に必要な栄養素が毛根に十分に行き渡ってくれることを意味しています。これによって毛髪の成長を促し、丈夫な毛髪が生えてくるようにするというわけです。AGAの進行抑制と育毛効果の両方を持っているのが、大豆イソフラボンなのです。

ただ、大豆イソフラボンを過剰摂取すると、精子の働きが弱くなってしまったり、女性のように乳房が膨らんでしまったりという副作用があることも分かっています。くれぐれも摂取量には注意してください。