1. ホーム
  2. 髪の毛について知っておきたい事
  3. ≫単なる脱毛とAGAの違いについて

単なる脱毛とAGAの違いについて

AGAは抜け毛の原因ではありますが
全ての抜け毛がそれによるものではありません。

よく耳にするのが、ストレスで円形脱毛症になった、という話ではないでしょうか。

抜け毛や薄毛は心身のストレスや栄養状態、頭皮の炎症、血流の不足、薬の副作用等の多くの原因で発生するものです。

ですが、それらはその原因となるものを除去すれば、髪の毛は回復します。

一時的に抜け毛になっても、時間が経てば傷が治る様に自己修復します。

しかしAGAはいわゆる進行性があり
元となったトラブルを無くしただけでは回復は望めません。

抜け毛が気になるとか髪のボリュームが無くなってきたと感じた時には
まずはそれが一時的なのか、進行性なのかをきちんと見分ける必要があります。

ですが医学的な検査でなくてはどちらであるかを断定するのは、残念ながら困難です。

ですので、AGAに特徴的な傾向を理解して
もしその兆候があるのであれば検査を受けるのが正しい対策でしょう。

一番分かりやすいのが、抜け毛が発生している場所で判断する方法です。

AGAはこめかみ、または額から頭頂部にかけて抜けていく場合と
頭頂部から抜けていく場合の2種類があります。

一時的脱毛であれば場所を問わず起きますし
また抜けた範囲が少しずつ広がっていくという事はあまりありません。

もしその様な状態であるなら、AGAを疑ってみるべきです。

症状に対して適切な対策を取らなければ
無駄な努力と時間を浪費する事になってしまいますので

まずは「この抜け毛はAGAなのか?」を知る事から始めましょう。