波平

ハゲと言えば?

ハゲと言われて最初に思い受かべる絵が、サザエさんのお父さんの波平さんと言う人も多いのでは?ちなみに、波平さんの年齢は54歳だそうですよ。原作のサザエさんが書かれた時代は昭和初期ですから、あの時代には孫がいるお爺ちゃんは、ああいう頭でも違和感がなかったんでしょうね。

今は54歳と言えばまだバリバリの働き盛りで、アニメの中の波平さんのような休日を過ごしている方は少ないんじゃないでしょうか。今なら+10歳の64歳でも、もっと若々しい感じですよね。なんてこと言うと波平さんに失礼か。(笑)

遺伝に怯えて育毛に走る?

一方、髪の毛の量を気にする男性の年齢が段々下がってきているのも事実です。ハゲは遺伝するとも言われていますので、父親や祖父などの頭を見て自分も将来ああいう風になるかもしれないと恐怖に慄いた若い男性が、早くから育毛に精を出しているんです。早め早めに手を打てばハゲから逃れられるかもしれない、という一縷の望みを抱いているわけですね。

昔に比べるとヘアケア商品も随分進歩していますから、頑張れば防げるかもしれませんし、防ぐのは無理でも遅らせることは出来るかもしれませんよね。防げるものは防ぎたいというのは、人間の素直な気持ち。誰も非難することは出来ません。ここは応援しておきましょう。頑張って下さい!

それでもハゲたら?

ツルンと綺麗に禿げるなんていうことはなかなかありませんから、少しずつ薄毛になった結果、まず迎えるコーナーがM字ハゲや天辺ハゲなど、ホントハゲ方にも色々ありますよね。バーコードなんて言って揶揄された髪型の人を見ることも最近では少なくなりましたが、それでも残り少なくなった髪の毛に執着している方々の姿は時折り見掛けます。「悪あがきはもう止めて」と思ってしまうのは、赤の他人だからでしょうね。

髪ングアウトして可能性を広げて!

人間って所詮無い物ねだりの動物なんですよね。特に今まで持っていたものが無くなって行く、失くしてしまうと言うのには一番耐えられないんだと思います。でも、ハゲになってしまったからこそ見えて来るものもあるんじゃないでしょうか。

もしかしたら、とっても綺麗な形の後頭部をお持ちかもしれません。髪をセットする時間が要らない分、朝ゆっくり寝られるかもしれません。ツルンとした頭になってみると思いもかけない素敵な洋服が似合うようになることだってあります。

薄毛を隠して、ハゲることから逃れてばかりいないで「ハゲの何が悪い!」ぐらい開き直ってぜひエンジョイして貰いたいもんです。オススメしますよ。髪ングアウト。